法人の寄付金損金算入枠について一般枠が縮小、特別枠が拡大

 企業や各種組合等が支出する寄付金の損金算入限度額について、「一般枠」が半減され、その減少分を補うだけ認定NPO法人等向けの「特別枠」が拡充されます。その結果、NPO法人向けの寄付金(一般枠で処理)は従来の半分の枠になるのに対し、認定NPO法人等向けの寄付金については従来通りの枠まで損金算入が可能です。

寄附金の損金算入限度額の計算

改正前
「一般枠」(資本金等の額×0.25%+所得金額×2.5%)×1/2

※資本金や出資金を必要としない法人や一般社団・財団法人(非営利型)、NPO法人などのみなし公益法人等
 所得金額×2.5%

「特別枠」(資本金等の額×0.25%+所得金額×5%)×1/2

※資本金や出資金を必要としない法人や一般社団・財団法人(非営利型)、NPO法人などのみなし公益法人等
 所得金額×5%

改正後
「一般枠」(資本金等の額×0.25%+所得金額×2.5%)×1/4

※資本金や出資金を必要としない法人や一般社団・財団法人(非営利型)、NPO法人などのみなし公益法人等
 所得金額×1.25%

「特別枠」(資本金等の額×0.375%+所得金額×6.25%)×1/2

※資本金や出資金を必要としない法人や一般社団・財団法人(非営利型)、NPO法人などのみなし公益法人等
 所得金額×6.25%