日本経済新聞より

『自見庄三郎金融担当相は29日、国際会計基準(IFRS)の導入に慎重な三菱電機の佐藤行弘常任顧問らを金融庁参与に起用する意向を固めた。
 自見金融相は6月、IFRSの強制適用を延期する方針を示しており、今回の人事は新政権での政策継承につなげる思惑があるとみられる。


 金融相が30日の閣議後の記者会見で表明する見通し。経団連企業会計委員会の広瀬博委員長(住友化学副会長)と連合の逢見直人副事務局長も起用する方向で調整する。経団連と連合もIFRSの早期適用に慎重な姿勢を崩していない。


 金融庁参与は守秘義務のある非常勤の国家公務員で、同庁の政策決定に一定の影響力を行使できる。佐藤氏らは産業界のIFRS慎重論を取りまとめ、導入延期の議論につながった経緯がある』

文責:永嶌和彦