一般社団・財団法人の設立の流れは、次のとおりです。

定款作成、定款認証、設立時理事・評議員等の選任、設立時理事等の調査、設立登記が一般的です。

ただし、一般財団法人を設立する手続きの中で、一般社団法人と大きく違う点があります。
一般法153にある財産拠出の履行です。設立者は、定款認証後、遅滞なく定款に記載された財産を拠出しなければなりません。拠出する財産価格の合計額は、300万円以上です。

文責:中島雄一