・補助活動収入
 補助活動収入とは、売店や学生食堂等、教育活動に付随する活動に係る収入をいいます。
 計算書類に表示する金額は原則として総額表示と決められていますが、学校法人会計基準第5条において「食堂に係る収入と支出その他教育活動に付随する活動に係る収入と支出については、純額をもつて表示することができる」として、純額表示を認めています。

 この食堂の収入については、寄付行為において当該事業を収益事業と規定しているかどうかにより、収益事業か補助活動事業かの判断が分かれます。
 なお、法人税法においては、私立学校法における区分とは関係なく、法人税法上の収益事業に該当していれば課税関係が生じることになります。


文責:永嶌和彦