公益認定基準を満たすためには、公益目的事業比率が50%以上でなければなりません。

しかし、上記要件を満たさない事もあります。その前提として、明確な区分、見直し計算が必要であります。

それでも、要件を満たさないときは、事業再編を検討しなければなりません。
合併により公益目的事業を増やすか、収益事業等を事業譲渡するか廃止する等相対的に比率を増やす必要があります。
管理運営費用を減らすのも手かなと思います。

事業再編につきましては、類似事業を行っている公益法人又は営利法人と協議すると良いでしょう。

どうしても、50%未満になるときは、公益認定を受ける必要性について、見直す事が必要です。

文責:中島雄一