一般的な設立手続の流れは、定款作成、公証人の定款認証、理事等選任、同調査、登記となります。

定款は、社員全員の署名又は記名押印が必要です。

定款は、公証人の認証を受けなければ、その効力を生じません。

理事は、必ず設置し、定款において具体的に定めなかったときは、公証人の認証後遅滞なく、設立時社員が理事を選任しなければなりません。

設立時理事は、その選任後遅滞なく、手続きが法令又は定款に違反していないことを調査しなければなりません。

最後に、主たる事務所の管轄法務局に登記申請します。

以上が、設立手続きの流れです。

文責:中島雄一