社会的信用を維持するうえでふさわしくない事業や公序良俗を害するおそれのある事業については、認定法施行令3に定められています。

特に前者には、投機的な取引を行う事業・利息制限法の規定により計算した金額の契約又は同法に規定する割合を超える賠償額の予定をその内容に含む金銭を目的とする消費貸借による貸付を行う事業・風俗営業等の規則に関する特殊営業がそれに含まれます。

後者には、反社会性を有する事業で違法性のある事業をいいます。

文責:中島雄一