事業再編については、主に、合併と事業譲渡の二通りの方法があります。

合併による方法は、合併した法人のうち、一方が消滅法人でもう一方が存続法人となる吸収合併と、合併により新しい法人を設立し、合併前の法人が消滅する新設合併とがあります。ただし、特例民法法人と一般社団・財団法人では合併できないなどの制約があります。

事業譲渡による方法は、外部の法人に事業部門を売却する事業譲渡と従来行ってきた事業を現物出資する方法があります。

文責:中島雄一