公益社団法人・公益財団法人又は非営利型法人が非営利型法人以外の法人に該当することとなった場合には、過去の収益事業以外の事業から生じた所得の累積額(以下「累積所得金額」)を益金の額に算入することとなります。(法64の4)

 算式
 益金に算入すべき額(累積所得金額)=資産の帳簿価額−負債帳簿価額等

※1 上記算式により計算した金額がマイナス(累積欠損金額)となる場合には、損金の額に算入します。
※2 負債帳簿価額等とは、負債の帳簿価額及び利益積立金額の合計額をいいます。

累積所得金額の計算.bmp