一般社団法人は、税務上は
「非営利一般社団法人」「非営利一般社団法人以外の一般社団法人」の2つに区分されます。

前者の場合には、収益事業にのみ課税され、寄付金や会費収入等の共益事業に対しては非課税となります。
一方、後者のは全所得課税となりますので、株式会社等の営利法人と何ら変わらない課税方式を採用されます。
「非営利一般社団法人」に税務上大きなメリットがあるといえます。