認定申請が不認定となった場合に、再度申請ができるかどうか?できるとすれば、申請に制限があるのかどうか?

結論から言いますと、申請回数に制限は、ありません。不認定の場合は、行政側から申請者に対し、理由を包括的に示されます。申請者は、その理由について検討した上、移行期間中は、何度も申請可能です。再申請の際、不認定の事実が不利益に取り扱われることはないと思われます。

文責:中島雄一