新公益法人制度改革に完全対応。東京都・東京都近郊の社団法人様・財団法人様、新公益法人制度専門家による無料相談実施中です。公益法人改革に関することならお任せ下さい!

従来の公益法人は平成25年11月までに移行申請が必要です。

従来からある公益法人は、平成20年12月1日から平成25年11月の5年間の移行期間中に “公益社団・財団法人” もしくは “一般社団・財団法人” への移行申請をしなければ解散することとなります。
社団法人様・財団法人様、新公益法人制度改革移行はお済みですか?

新公益法人制度への移行はもちろん、
その後の会計税務顧問としてもお役に立ちます!

  • 新公益法人制度への移行・設立・申請支援
    (貸借対照表の作成、定款変更、事業区分整理など)
  • 公益として存続できるか、
    新公益法人会計基準に沿って診断
  • 公益認定・認可申請の書類作成支援
  • 公益法人会計基準による計算書類作成
  • 公益法人様の財務会計環境整備
  • 公益法人制度改革による社団・財団法人の移行、
    営利転換の検討
  • 複雑な新公益法人制度に対応するための
    セカンドオピニオンとして。
アイリス税理士法人代表 城 行永
アイリス税理士法人代表 城 行永
公益法人制度改革でのお悩みを解決します!
公益認定基準の内容と申請手続が複雑でわからない。
現行公益法人(社団・財団)が新しい公益法人制度の中でどういう進路を選ぶべきかわからない。
公益法人会計基準に適合した会計処理を実施していない。
評議員会・理事会・社員総会などの組織の改変や新体制作りで困っている。
公益事業・共益事業・収益事業など、事業区分が把握できていない。
新公益法人会計基準を満たすため、どのような見直し・改革を行えばよいかわからない。
公益法人改革に関して頼れる専門家がいない。

新公益法人制度への移行はもちろん、
その後の会計税務顧問としてもお役に立ちます!

ただ今、新公益法人制度専門家による無料相談を実施中。社団法人様・財団法人様、初回・当面の相談は無料です!

一般社団・財団法人」と「公益社団・財団法人」の設立について

新しい公益法人制度では、「一般社団・財団法人」と「公益社団・財団法人」を設立することができます。

従来の公益法人から新制度に移行するには?

従来の公益法人は、公益社団・財団法人もしくは一般社団・財団法人に移行するため、 平成25年11月30日までに内閣府もしくは都道府県に移行申請し、その上で、 移行認定・移行認可を受ける必要があります。申請を行わなかった場合には解散となります。
なお、公益社団・財団法人への移行認定については、 一般社団・財団法人が公益認定を受けるのと同様の基準を満たす必要があります。

基準を満たしていると認められるには?

基準を満たしているかどうかについては、民間の有識者による公益認定等委員会や 都道府県の合議制機関によって、中立・公正な審査が行われ、内閣府や都道府県が最終的に判断します。
基準を満たしていると認められるには?

新たに法人を設立するには?

一般社団・財団法人の設立は、法務局に登記することで設立できます。
また、新たに設立された法人は、内閣府もしくは都道府県に申請を行い、 基準を満たすと認められれば、公益認定を受け「公益社団・財団法人」になることができます。
新たに法人を設立するには?
公益法人制度改革 福岡

事業所案内

アイリス税理士法人

〒141-0022
東京都品川区東五反田
5-22-37 13階
TEL:03-5475-7887
FAX:03-5475-7888

主なサポート地域

【東京都】 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、葛飾区、江戸川区、目黒区、 大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区
【その他】 千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県
<<  2012年06月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30